エアサイクルの家の評判と特徴~住宅フランチャイズ比較③~

09.072017

この記事は5分で読めます

 

さて、ハウスメーカー比較シリーズ、

 

前回は「ソーラーサーキットの家」をご紹介しましたが、

 

今回も前回同様フランチャイズで全国に展開している住宅商品、

 

「エアサイクルの家」をご紹介します。

 

というわけで、たぶん、エアーがサイクルするお家。笑

 

詳しく、調べてみました!

 

 

 

「エアサイクルの家」のタイプ、概要と特徴

タイプ

 

・木造軸組

・坪単価 60~70万円

 

概要

 

社名:フクビ化学工業株式会社
本社所在地:福井市三十八社町33-66
資本金:21億9390万円
設立年月日:昭和28年5月25日

 

特徴

 

1984年、フクビ化学工業と伊藤忠建材販売の合資会社

 

「エアサイクルホームシステム株式会社」から発売された住宅商品。

 

 

img12

 

2011年、同社はフクビ化学工業に吸収され、

 

現在はフクビ化学工業エアサイクル本部の取扱いとなっている。

 

建物の特徴は、外張り断熱と、エアサイクル層

 

エアサイクル層とは、床下・壁の中・屋根裏の空間が一つに繋がった空気の通り道となる空間のことで、

 

これと断熱性能の高さによって、室内の温度湿度快適なレベルに保つことが出来る。

 

 

img11

 

 

img05img061

夏は外壁に設けた通気層によって壁内にたまる熱気を逃し、
冬は通気層に閉じ込めた空気を断熱材として活用しながら、昼に屋根や壁、床下で蓄えた熱を夜間に放熱して冷却を防ぐ。
床下と小屋裏にある通気孔は、(手動で)春に開けて秋に閉じる。

 

 

エアサイクル層の一部となる床下には、

 

ベタ基礎の上に円柱形の独立基礎を並べる「コラムベースシステム」を採用。

 

湿気を含む空気が溜まりがちな床下の通気を良くすることで、

 

躯体の木材を適切な乾燥状態に保つことが可能となる。

 

 

img10

 

 

ちなみに、その床下も含むエアサイクル効果はてきめんで、

 

湿度の高いエリアに建つ築20年の家の壁内や床下であっても、

 

カビひとつない乾燥した状態を保てているという。

 

 

img04
 昭和61年に建てられた住宅の柱の含水率
(20%を超えると木材の腐敗や白アリ被害が出てくる。)

 

 

断熱気密性

 

Q値:不明
Ua値:不明
C値:不明

 

 

壁の断熱には外張り断熱材「Cmボード」を採用しています。

断熱をしながら空気の通り道にもなる、ダイヤカットが大きな特徴。

 

 

cmboard

 

 

小屋裏利用や勾配天井を採用する場合には、
屋根用断熱材「シャルーフ」が推奨されています。

 

 

sharoof2img_yane
ポイント1 / 地球にやさしいノンホル、ノンフロン断熱材による断熱効果
ポイント2 / 確実な通気層の確保による排熱効果
ポイント3 / アルミ箔を利用した輻射熱反射効果

 

 

窓は、断熱気密性能の高い樹脂サッシを採用しています。

 

オプションにて、ヒートミラーペア(3層構造複層ガラス)も採用可能。

 

heatsubtitle01

 

 

 

商品説明

自由設計

img091

 

 

エアサイクルの家は「工法」であるため、基本的にプラン・外観等は工務店次第となります。

 

ただ、家中の温度差が少ないエアサイクルだからこそ出来る開放的な空間づくりは

 

エアサイクルの家の特色として挙げられており、

 

施工例にもそのような家が多く見られます。

 

 

bIC20160819103301a ozh20160613135457a Sce20140205161558a

YUY20140205161649a QrK20160819103312a IIE20160613135513a

 

 

木-Lism

head

 

 

 木-Lismは、建築家・岸未希亜氏がデザインしたレディメイドの住宅です。
シンプルで、誰もが暮らしやすい基本プランをご用意。
南北・東西方向への反転やバルコニーの有無の選択などのカスタマイズが可能なため、ライフスタイルや敷地条件に応じて、お客様の住まいにふさわしい間取りをお選びいただけます。

 

 

規格商品。

 

選べる自由はあまり多くなさそうなのですが、

 

エアサイクルの家は自由設計だと結構お高いそうなので、

 

そこがネック!という人には良いかもしれないですね。

 

 

クチコミ

良いクチコミ

 

建設会社に勤める友人にエアサイクルについて教えて頂き、家を建てることに決めました。建ててからもうすぐ4年になりますが、特に感じるのは冬の暖かさです。どの部屋にいても気温の差がなく、朝も快く目覚めることができます。
夏でもエアコンに頼ることは少なく、窓を開けていれば快適にすごせます。
また、洗たく物を室内に干していても湿気がこもる感じはなく、乾きも早いような気がします。

 

一番の決め手は、健康にいいということでした。見学会へ行き、エアサイクルの家のことを知りました。単価は高くなるけれど、結露やカビが出なくて長持ちするのだから、それだけの価値があると思い決めました。
住んでしまえば、これが当たり前と思うのですが、よそのお宅へ行くと違いが実感できます。夏はムッとする暑さ、ジメッとした感じがないし、冬は底冷えしないのでありがたいです。

 

悪いクチコミ

 


コストをかけただけの効果があるのかどうかっていうのがどうもわかりにくい。
すごく良さそうではあるけれど、そこまでする必要があるのか、など。
なにか客観的なデータがあればよいのですけれど…。

 

(デメリットは、)外にしか「断熱材」が貼れないので、どうしても「断熱層」が薄い事。
屋根の形が複雑だと断熱の工事も大変なので、その間に柱が雨に濡れる事。

 

 

 

アキラ先生の総評

 

アキラ先生

エアサイクル工法って、ソーラーサーキットと何が違うんだろう???
と、なんとなく思っていながらこの日を迎えてしまいました(笑)
それぞれのHPを見る限りは基本的な考え方は同じようですね。

ただ、ソーラーサーキットの方がSCナビゲーターなど自動的に切り替えが出来る、などが技術的に進んでいるのかな?
という感じです。

こちらのサイトによると
http://pdsi.cocolog-nifty.com/architecture/2006/03/post_752e.html

元々は、フクビ化学工業が「エアサイクル工法」をはじめて、その後に鐘淵化学工業(カネカ)が改良版的に「ソーラーサーキット」を出した、
という経緯らしいです。その時点の「エアサイクル工法」は高気密高断熱工法ではなかったのですが、「ソーラーサーキット」に影響される形で改良し、
現在の「エアサイクル工法」になった、とのこと。(間違っていたらごめんなさい)

経緯はともかくとして、とても似ている工法であることは間違いないです。
似ているがゆえに、その限界も同じで、これ以上に壁の断熱性能を上げていくのは難しい、というのがネックかと思います。

さて、全然関係ないですが、先日エンタの神様でAKB48の「長久玲奈」さんが、福井ネタをやっていました。
私はAKBは詳しくないのですが、かなりオモシロかったです。
フクビの本社が、福井だったので、思い出しました(笑)

 

 

 

 

エアサイクルの家、いかがでしたでしょうか?

 

想像していた通り、エアーがサイクルする家でしたね~。

 

部屋ごとの温度差が少ないのはもちろん歓迎なんですが、

 

個人的には湿気のない家というのがとても魅力的!でした。

 

登録加盟店は全国400社にのぼるということなので、

 

気になる方はまず、お近くの工務店を探してみてくださいね。

 

というわけで以上、「エアサイクルの家の評判と特徴」についてお届けしました!

 

では、また~~♪

 

出典・引用はこちら

 

>>ハウスメーカー50社を徹底比較!
※ハウスメーカー選びは、相見積が基本です。

こちらのサイトから申し込めば、大手ハウスメーカー数社から、間取りプランや資金計画書を無料で作成してもらえます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

The following two tabs change content below.
mashuko

mashuko

面倒くさがり王な自覚のある主婦。しかしそのズボラさゆえに、どの分野においても出来るだけラクな、効率の良い手法を探すのは結構好き。趣味は動物愛護・美味しい店探し・睡眠。最近“犬と共に暮らしやすい家”をテーマに家を新築し、現在は犬4匹+夫と共に暮らす。
    171115 メルマガバナー0001      
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較

  1. eyecatch
  2. pic_model_01
  3. pht_main
  4. index_slide_005
  5. keyimg_3
  6. exterior_img
  7. 05
  8. sigma013
  9. simple05
  10. page_contents_ph101
  11. l_201211041813300401438
  12. v_01_img_12_02
  13. p_residence01
  14. pic_bj_exterior01
  15. lineup_daianshin_p_01
  16. ph05
  17. 129-682x546
  18. v_series
  19. br_vis_concept
  20. img_quality01
  21. img_design_01
  22. img_coco13
  23. main_ph0011
  24. pic_model_03
  25. key_img
  26. 8fa0b6c73b24a453e46af374a6022390_s
  27. 18a67b9a9e9a0b8af09822a9a3e7ef05_s
  28. p_jucourt01
  29. jikka_pc_content_3_0
  30. img_046
  31. main5
  32. index_img_0013
  33. 07_gaikan_case07_l
  34. item033
  35. img01
  36. 512b301830a5a2dd92f77773791c9989
  37. sashe_top_img
  38. point02_03
  39. 100_0789
  40. aa60d61d1605c6b1de78b40da8e81f82_s
  41. idx_slide24
  42. main_img
  43. img01
  44. img1
  45. index_tenjijyo_img01
  46. 293_01_00
  47. img_01_01
  48. bg_content
  49. nm_out01
  50. pic_uw_top_img01
  51. main
  52. main_slide09
  53. plaster_ex_3_large
  54. top_lineup_li2
  55. 881da4d0792e6383b92c011f51525d11-700x527
  56. casual_01
  57. 00158
  58. 5-01
  59. cd508e3d8a011517f5e9bbacd9db54d3da88f3bb
  60. img091
  61. concept_img_01
  62. no83_ph01
  63. c04040f05e469f509881a97d07277cdd-thumb-1020x580-1365
  64. img_hotel-like_photo01
  65. gal_img04
  66. gaikan2
  67. header_2
  68. index3_img02
  69. img_13