エバーグリーンホームの特徴と評判 〜神奈川の工務店比較②~

09.012018

この記事は6分で読めます

 

 

 

出典:株式会社エバーグリーンホーム

 

神奈川の工務店情報をシリーズでお届けしています。

神奈川第2弾は「エバーグリーンホーム」をご紹介致します。

 

 

エバーグリーンホームの概要と特徴

タイプ

・工法:木造軸組工法

・坪単価:40万円~

 

概要

会社名:株式会社エバーグリーンホーム

本社所在地:神奈川県茅ヶ崎市東海岸南1-1-1

設立:1995年

資本金:1,000万円

年間施工棟数:30棟(2014年度)

従業員数:18名

事業内容:総合建設業(注文住宅、戸建て、アパート、マンション、店舗の設計施工等)

施工エリア:湘南エリア(茅ヶ崎市、藤沢市、鎌倉市、逗子市、葉山町、大磯町等)、その他

アフターメンテナンス:6ヶ月、1年、2年

保証:住宅瑕疵担保責任保険

 

代表者の言葉

株式会社エバーグリーンホーム:代表取締役 猪狩裕一

出典:カナロコ/神奈川新聞ニュース

 

100のお客様があれば、100の家をつくります

ハウスビルダーには大きくふたつのタイプがあります。

ひとつは、確かなスタイルがあってそこに共感できるお客様に支持されるビルダー。

そしてもうひとつは、お客様の個々のご要望に合わせて イメージをクリエイトしていくタイプのビルダー。

エバーグリーンホームは、後者です。
つねにお客様のご要望や暮らし方、夢、そういったものを教科書に、 個性あふれる住まいを提案していきます。

 

家をつくる上で本当に大切なこと

エバーグリーンホームには他のハウスビルダー様と同様に、標準仕様と呼べる家づくりの基本的な考え方があります。

(くわしくは「標準仕様」のページをご覧ください)

しかし、そのような目安の通りにやることが、自動的に良い家になるなどと安易に思っていません。

良い家は、その先でめざすものです。
お客様と心を通い合わせ、自身の心と腕を決して驕らず、ルールやマニュアルというレベルではない知恵や工夫を重ねて そこで初めて家は良いものになってゆくのだと、私たちは信じています。

 

無駄な予算をかけず口コミで成長しています。

エバーグリーンホームの家は「想像していたよりもずいぶん安かった」という感想をもっていただけます。

それは全うな経費の使い方をしているからです。

設計面では不必要に高価な資材をおすすめしません。
施工面では一丸となって作業を効率化し人件費を監視しています。
年に数回の完成内覧会を告げる折込チラシと、ホームページ以外のマスメディア広告を行っていません。

既存のお施主様が評判を広めてくださったり、ご紹介をいただけたり。
もちろん、このホームページを見て興味をもってくださった方もいらっしゃいます。

奢ることなく、家づくりをつねに中心に考えながら、私たちは成長しています。

 

旧き良きを守り、そして「さらに良く」

私たちは大手のようなしがらみが一切ない状況の中で、本当に自分たちが良いと思えるものだけを、これからもご紹介していこうと思っています。

・極力自然素材を使うことによる環境への配慮

・経験が生んだ 建築基準法を上回る基礎寸法

・燃料電池の独自の分析・検証

など、学ぶべきことは日々生まれていきます。

いつの時代も臨機応変であることを心がけています。

 

株式会社エバーグリーンホーム:代表取締役 猪狩 裕一

 

エバーグリーンホーム 会社の特徴

高性能断熱材/アクリア

エバーグリーンホームでは、省エネルギー対策等級4対応の断熱仕様を標準としています。

断熱材は、エコな素材で省エネ効率の高いアクリアを採用しています。

 

アクリアは、2007年4月に日本で初めて発売された『ノン・ホルムアルデヒド』のグラスウール断熱材です。

ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群との関連だけでなけでなく、発がん性も指摘されている有害物質です。

アクリアは、このホルムアルデヒドを一切含まない原材料を使用して製造している健康に配慮したグラスウール断熱材です。

 

断熱材アクリアは、旭ファイバーグラス株式会社の製品です。

 

・アクリアの特徴

冷暖房コストが下がり、家計に優しい

長期間性能の劣化が少ない

室温の温度ムラが少ない

ヒートショックを起こしにくい

ホルムアルデヒドを原料に含まない

火に強く、燃えにくい

万一燃えても、煙や有毒ガスが発生しない

 

 

スーパーストロング構造体バリュー/耐震等級3

「スーパーストロング構造体バリュー」は、耐震設計技術を用いた木造軸組工法です。

「スーパーストロング構造体バリュー」の安心基準は、「耐震等級3」相当の設計検査と「耐震補償」にあります。

 

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。

建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

 

 

・LIXILの設計検査体制

スーパーストロング構造体バリューでは、全棟「耐震等級3」相当を実現するために、公正で安心できる検査・補償体制を実現しています。

建築会社・工務店が設計した図面をLIXILで住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造設計CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査。

検査後は、すべてのお客様に安心の証として、「設計検査報告書」を発行します。

 

構造設計CADシステムによる設計検査では、強度不足がある場合、図面上のその部分を赤色で表示。

確実に判定できるシステムになっています。

 

お客様にお渡しする「設計検査報告書」には、各設計検査内容とその結果報告が詳細に記載されています。

 

スーパーストロング構造体バリューは、株式会社LIXILの製品です。

 

 

APS工法

在来工法の木組みの美しさと優れた耐震強度をあわせ持つ、それがAPS工法。

 

APS工法は、ボルトやナットを使用せず、アップルピンという独自の強度のある鋳鉄を用いて、それを構造体(木材)の中に埋め込むようなかたちで施工します。

よって、従来の金型工法に比べて気密性能が大幅に向上し、また金型工法の弱点であった、火災による金型部分の溶解からくる家屋の全壊というリスクを大幅に軽減します。

 

本古来の木造家屋の軸組工法を継承し、かつ耐火性・安全性に優れたAPS工法。
エバーグリーンホームでは、ご希望や必要に応じて活用していく方針をとっています。

 

・強度

APS工法のアップルピンは、マンホールの蓋や水道管・ガス管などのライフラインに関わる重要な部分に使用される、鋳鉄や鋳鋼でできています。
特徴としては靭性(粘り)に優れています。

 

さらに、仕口と金物(木材+アップルピン)で接合することで地震力に耐えます。
他の金物工法は、金物のみでの接合となります。

 

 

・防火性

APS工法は金物の露出を極力控えているので、直火が金物に触れることが少ないので火事に強い工法です。
他の工法は金物が露出しているため、火で金物が溶けて梁の落下につながる可能性があります。

 

・気密性

APS工法は仕口がついていることにより、気密性において優位で上下階の通気による結露を低減します。

 

 

・意匠性

梁をあらわしにした際に金物(ドリフトピン)が見えないので、すっきりとした意匠になります。

 

 

商品説明

「100のお客様があれば、100の家をつくります。」という姿勢で家づくりを手掛けるエバーグリーンハウスは、自由設計。

規格や商品ラインナップは、ありません。

 

今回は、施工事例でもあり、現在お施主様が住まわれていますが、完全予約制にてご覧いただくことができるモデルルーム「VILLAエバー」をご紹介します。

 

VILLAエバー

 

エバーグリーンホーム モデルルーム、通称「VILLAエバー」。

 

VILLAエバーは、エバーグリーンホームの家づくりの魅力を広く知ってもらうために、立地から環境面まであらゆることにこだわって建てられました。

ただ贅をつくせばよいという考え方ではなく、快適な暮らしとは何か、未来の家とはどうあるべきか、そんなことを考えながら、手間を惜しまず愛情をこめてこつこつとつくり上げていった邸です。

 

 

口コミ

良い口コミ

・エバーグリーンハウスの魅力はデザイン力だと思います。カタログに載っている家の写真に惹かれて、施工の依頼を決めました。茅ヶ崎のエバーと言われるだけあって、周囲の環境にマッチした素晴らしい家が完成!住み心地も快適です。

・「施主のために最高の家をつくろう」という熱い思いが伝わってきます。工事中でも良い素材やパーツが見つかるとすぐに提案しにくるんですよ。「こっちのほうがおすすめですよ!」みたいな。提案を受け入れるかどうかは別として、そういう気持ちが嬉しかったですね。

・他のハウスメーカーさんに相談したときは用意された枠組み中から決めるように言われてガッカリしましたが、エバーさんは私たちの希望通りに設計を行なってくれました。若いスタッフさんが多いので、希望が言いやすかったのも良かったです。「こんなこと言っていいのかな?」という雰囲気をまったく感じませんでした。

出典:茅ヶ崎で建てるこだわりの注文住宅 人気のハウスメーカーNAVI

・建てる場所の希望も決まっていない状態から、ずっと親身になって相談に乗ってくれた

・ハウスメーカーのようにコンセプトに沿った家ではなく、100%オリジナルの家づくりができてよかった

・思っていたより安く収まって驚いた

出典:注文住宅成功マニュアル

悪い口コミは、ありませんでした。

 

 

まとめ

「100のお客様があれば、100の家をつくります。」という姿勢で家づくりを手掛けるエバーグリーンハウス。

安心できる性能の高さと目を奪われるデザイン力、お客様に向き合い、寄り添う対応力は、神奈川県内でも評価が高く、工務店ランキング上位の工務店のひとつです。

 

エバーグリーンハウスについては、ホームページ、ブログも大変充実しており、多くの情報を得ることが出来ます。

また、モデルルーム「VILLAエバー」は、完全予約制にてご覧いただくことができます。

神奈川で家づくりを検討している方は、ぜひ1度見学に行ってみてくださいね。

 

『全国300工務店を徹底比較!』を連載中!

2020年断熱基準をクリアした全国の優良工務店300社を、こちらの記事から検索できます。

ぜひ、読んでみてくださいね。

 

【2018年最新版】2020年省エネ・断熱基準対応!全国300工務店徹底比較!

The following two tabs change content below.
千葉菜美

千葉菜美

出身地の庁舎が建築学会賞を受賞したことから建築に興味を持ち、建築科を卒業。 自分の設計で家を新築することが夢のひとつ。 有名建築巡りの他、美術館、世界遺産、お城、神社・仏閣巡りが趣味。 2級建築士。整理収納アドバイザー2級。
    スタンプ      
スタンプ

サイト監修者紹介

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

人気のハウスメーカーを徹底比較