発泡ウレタン3商品を熱伝導率で比較!

02.092019

この記事は3分で読めます

 

 

 

最近、住宅の断熱材としてシェアーを広げているのが現場発泡ウレタンです。
断熱材の施工のほかに気密工事をしなくても単独で気密性も確保できるところが特徴です。
アイシネン、MOCOフォーム、アクアフォームという主要な3商品の特徴を熱伝導率を中心に比較検討します。

 

 

アイシネンとMOCOフォームとアクアフォームの熱伝導率

アイシネンとMOCOフォームとアクアフォームの熱伝導率はほとんど同じです。

3種類ともほぼ同じ熱伝導率です。
それもそのはずどれも同じような素材同じような方法で施工されるからです。
JISA9526「建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム」A種3というJIS規格の中に分類されています。
同じものですから熱伝導率が同じなわけですね。

当然、価格も同じ、、、かというとそうではなくて

アイシネンは他の製品よりも50%も価格が高いそうです。

 

 

アイシネンはなぜ高い?

 

出典:https://www.icynene.co.jp/company.html

アイシネンはカナダのトロント市に本社・工場があり、断熱材のアイシネンを開発・製造しています。

現在では北米市場No.1の販売シェアをもち、ヨーロッパ・アジアなど世界35ヶ国以上に輸出・販売しているそうです。
日本より寒いカナダで生まれて世界中に実績があるのですから

「断熱材はアイシネンでなければダメ」という熱烈なアイシネンのファンがいるのもうなずける気がします。

その結果高価でもニーズがあるのですね。

 

アイシネンと同じ価格帯で比較すると

 

アイシネンと同価格帯で比較すると、モコフォームやアクアフォームの上位にあるパフピュアーエースウォーム、アクアフォームNEOに相当するようです。

 

同じ価格帯であればより高性能の素材が手に入ります。

より高性能の素材のパフピュアーエースウォーム、アクアフォームNEOを使ったほうがアイシネンLDを使うよりも良い家になる。
という様に単純に言えないところが難しく面白いところです。

断熱材が意図通りの断熱性を発揮するためには、必要な厚さで施工する事、隙間なく施工する事。という事が重要です。
熱伝導率の低い高性能の断熱材を使っても、厚みの足りない部分があったり隙間だらけだったりしたら断熱性能、気密性能を発揮することが出来ません。

 

吹付け硬質ウレタンフォームとはどんなものか?

そもそも吹付け硬質ウレタンフォームというのはどんなものでしょうか?

これを見ればどんなものかすぐにわかる動画です。2分11秒です。
モコモコして行く様子が面白いですよ。

 

<

 

木と木の隙間やダクトの隙間などにどんどん入っていきます。
隙間なく繋がっているので気密性も確保できるのがわかります。

後半の余分な部分をカットして片づけるのはずいぶんと手間がかかりそうですね。
廃棄物もかなりのボリウムになりそうです。

そのようなところがデメリットになります。

柱や垂木に付着した断熱材は分別して廃棄されることは無いようです。
これも気がかりなことですね。

 

断熱材は施工が決め手

 

アイシネンの施工は研修を受けて認定を受けた認定スプレイヤーにより施工されます。
アクアフォームも認定施工店の制度があり正確な施工が出来るような体制を作っています。
これらの工事会社に頼めば安心です。

と、安心できないのが辛いところです。

 

現場の施工は一軒一軒異なります。

メーカーの認定施工店であっても、丁寧な職人さんとそうでない人

足場などの情況も、工務店の中間マージンの取り方も

 

その結果

認定施工店の制度を取るアイシネンやアクアフォームでも口コミには施工での不具合の報告があります。

 

どの断熱方法をとってもキチンとした施工が伴わないと宝の持ち腐れになってしまうので、同じ方法で断熱した建築中の家を幾つか見学させてもらい、施工についての疑問点の解消とこちらの希望を汲んでもらいました。
また、実際の施工時も立会いをして、吹き付け不足があるところなど細かく指摘/追加吹付を頂きました。

出典:イエマガ

 

いかがでしょうか?

最終的には自分の目で確かめることが必要だという事です。
そしてその前に現場監督がきちんと管理指導をしてくれること。
さらにしっかりした施工管理をさせる工務店、ハウスメーカーであることが重要です。

 

 

まとめ

 

断熱材を素材自体の熱伝導率で比較することの意味はあまり大きくありません。
目標とする断熱性能を実現する為には正しく施工されることが大事です。
それを実現するためには現場が正しく管理されている事。
施工会社が品質管理をしっかりしていることが大事です。

The following two tabs change content below.
サクドン

サクドン

何でも知りたがりの好奇心旺盛オヤジ。 役に立たないことでも気になることは調べておきたい性格です。 東京を離れて太平洋のさわやかな空気が心地よい千葉で田舎暮らしをしています。 ナニワ生まれの相方と畑でとれた野菜とスーパーの見切り品を使った 手作り料理で心身ともに満足の日々を送っています。 私の好奇心が皆様のお役に立てたらうれしいです。一級建築士、介護福祉士
    スタンプ      
スタンプ

サイト監修者紹介

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

人気のハウスメーカーを徹底比較