リクシルの防火窓の特徴~防火設備の紹介シリーズ③~

11.212017

この記事は2分で読めます

 

 

 

防火窓シリーズ3回目 になります。 初回の記事はこちら「YKK APの防火窓の特徴」 2回目の記事は「三協アルミの防火窓の特徴」です。
今回は、防火戸として使えるリクシルのサッシを紹介したいと思います。

 

 

 

リクシルの防火窓は3系統

 

リクシルの防火窓は、一般的な防火戸FG-H/Lとハイレベルの防火戸サーモスXハイブリッドと寒冷地向けの防火戸FG-Fの3系統ですです。それぞれの特徴を見て行きましょう。

 

防火戸FG-H/Lの特徴

リクシル防火戸FG-H・L

防火戸FG-H/Lの断熱性はフレームの極小化、ガラスの断熱性強化、フレームの断熱性の強化の3つのポイントを中心に強化されましたそれぞれについてみて行きましょう。

 

防火戸FG-H/Lの3つのポイント

1、フレームの極小化

リクシルG-H・L

窓の断熱性能を高めるためには、熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくいガラス面を大きくする必要があります。サーモスは、アンカー式グレチャンを採用することで、ガラスとフレームを一体化。フレームの極小化とガラス面積の最大化により、優れた断熱性能を実現しています。

 

2、ガラス高性能化

リクシルG-H・L2

一般複層ガラスの約1.7倍の断熱効果を発揮するLow-E複層ガラスを標準装備。太陽熱を取り込みながら、室内の熱を逃しにくく冬の寒さが厳しい地域でも、暖房効果を高め、室内の快適さを向上させます。さらに、オプションで熱伝導率の低いアルゴンガスの封入も可能です。

 

 

3、ハイブリッド構造で、フレーム高性能化

リクシルFG-H・L

室外側に耐久性や強度に優れたアルミを採用し、雨、風、日差しによる劣化を防止。室内側には断熱性に優れた樹脂を採用し、熱の出入りを抑えます。防火戸FG-Hの引違い窓は、アルミ形材を室内側と室外側に分離させ、熱を伝えにくい樹脂部材でつなぐことで熱の伝わりを遮断するサーマルブレイク構造を下枠に採用しています。

防火戸FG-Hと防火戸FG-Lとの違いが資料だけではわかりにくくメーカーに問い合わせたところ、この部分と室内側の樹脂の色と価格ということでした。

 

 

 

防火戸サーモスX ハイブリッド

 

リクシルサーモスX

防火戸サーモスXハイブリッドも断熱性の向上のために枠を小さく枠の断熱性の向上を主に改良が加えれれています。

 

1、フレームイン構造

リクシルサーモスX5

窓枠のラインと障子枠を揃える納まりにして熱伝導率が高い生じ枠を最小にしています。

 

2、サーマルブレイク構造

リクシルサーモスX3

大臣認定防火戸として初めてアルミ形材を室外側と室内側に分離させ、熱を伝えにくい樹脂部材でつなぐ「サーマルブレイク構造」を採用しています。

 

3、「多層ホロー構造」

リクシルサーモスX4
室内樹脂部分の見込を拡大し中空部分に仕切りを設けて多層化することで対流による熱伝導を減らしています。

 

 

防火戸FG-F(寒冷地向け)

リクシルFGFガラス

防火戸FG-Fは寒冷地に特化したサッシです。フレーはFG-Hを用いガラスを断熱性の高い中空層16mm(アルゴンガス入り)にしています。防火戸FG-Fは6.8-A16-3mm(FIXの一部サイズは6.8-A14-5mm)のガラス厚となります。

 

 

まとめ

2011年4月1日に、トステム、INAX、新日軽、東洋エクステリアが合弁してリクシルが生まれました。2011年の4月といえば東日本大震災で日本国中が混乱しているさなかでした。その当時はTVのどのチャンネルも震災の話ばかりで新会社のPRもままならない状況でした。夏ごろになってようやく知られることになりました。トステムと新日軽という大きなアルミサッシメーカーの合弁だけでも大きなニュースになる内容でした。衛生陶器メーカーのイナックスと東洋エクステリアまでと驚いたものです。今回のFG-HとFG-Lとの違いサーモスXのカタログ表現の違いなど理解しにくいところもありましたが大きな企業体の持つ複雑な事情もあるのかな?と感じました。

The following two tabs change content below.
サクドン

サクドン

何でも知りたがりの好奇心旺盛オヤジ。 役に立たないことでも気になることは調べておきたい性格です。 東京を離れて太平洋のさわやかな空気が心地よい千葉で田舎暮らしをしています。 ナニワ生まれの相方と畑でとれた野菜とスーパーの見切り品を使った 手作り料理で心身ともに満足の日々を送っています。 私の好奇心が皆様のお役に立てたらうれしいです。一級建築士、介護福祉士
    スタンプ      
スタンプ

サイト監修者紹介

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

人気のハウスメーカーを徹底比較