三協アルミの防火窓の特徴~防火設備の紹介シリーズ②~

11.202017

この記事は2分で読めます

 

 

 

防火窓シリーズ2回目 になります。 前回の記事はこちら「YKK APの防火窓の特徴」です。
今回は、防火戸として使える三協アルミのサッシを紹介したいと思います。

 

 

三協アルミの防火窓は3つのシリーズ

三協アルジオ この項の特記のない画像の出典は三協アルミです
三協アルミの防火窓は3つのシリーズが有ります。
防火サッシF型アルミ複層タイプ、防火サッシF型アルミ樹脂複合タイプそして最高級の防火窓アルジオなります。どちらも国土交通大臣の遮炎20分間の認定を受けた商品です。上に並べた順番は断熱性能の順であり樹脂部材の使用量とも一致します。サッシの歴史を時系列でみることにもなりますので上に書いた順番で見て行きましょう。

 

防火サッシF型アルミ複層タイプ

三協アルミ複合
まだサッシに断熱性の要求がなかったころはアルミだけの製品でした。そこに断熱性を持たせるために複層ガラスを入れています。結露で額縁が痛まないように額縁との取り合い部分を樹脂のアングルにしたのが防火サッシF型アルミ複層タイプです。断熱性は低く熱貫流率は3.49~4.07W/㎡・Kです。

 

 

防火サッシF型アルミ樹脂複合タイプ

三協アルミ樹脂

防火サッシF型アルミ樹脂複合タイプはアルミ複層タイプから一歩進んで障子の内側部分に樹脂を用いています。その結果熱貫流率は2.33W/㎡・Kです。

 

 

 

防火窓アルジオ

 

三協アルジオ断面

防火サッシF型アルミ樹脂複合タイプからさらに断熱性を高めたのが防火窓アルジオです。アルミ樹脂複合タイプは障子の内側の1面だけでしたがアルジオでは障子の半分までを樹脂にしています。ZEH対応型としていますが熱伝導率は2.04W/㎡・Kです。

 

防火窓アルジオのコンセプトはタフネスとカインドネス

 

タフネスの内容は高断熱性、高耐久性、安心構造です

三協アルジオ高耐久
台風などの災害の画像を載せて耐久性を強調するのは他社には見られない特徴です。

 

 

カインドネスは快適機能、使いやすさ、安心・安全です

三協アルジオ掃除

テラスタイプのレールにフラットタイプがあるのは掃除のしやすさや躓きにくさなどの配慮を感じます。

まとめ

 

期せずしてサッシの断熱の歴史を見ることになりました。三協アルミと社名にアルミが入っている会社ですが樹脂サッシも製造しています。防火戸の認定取得はこれからのようです。

The following two tabs change content below.
サクドン

サクドン

何でも知りたがりの好奇心旺盛オヤジ。 役に立たないことでも気になることは調べておきたい性格です。 東京を離れて太平洋のさわやかな空気が心地よい千葉で田舎暮らしをしています。 ナニワ生まれの相方と畑でとれた野菜とスーパーの見切り品を使った 手作り料理で心身ともに満足の日々を送っています。 私の好奇心が皆様のお役に立てたらうれしいです。一級建築士、介護福祉士
    スタンプ      
スタンプ
スタンプ
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較