メーカーを比較して選ぶ「木製サッシ」

12.052016

この記事は3分で読めます

 

 

 

こんにちは、ゆちえるです。

今回は木製サッシを特集したいと思います。

木製サッシってなんだか高級だけど手間がかかるイメージがあります。

そんな木製サッシ、見てみてくださいね。

 

木製サッシってどんなもの?

special_shape

(写真:MARVIN)

木製サッシとは、窓の枠が木でできているもの、窓の木のフレームのことです。

一昔前の日本の家屋で使われていたような風が吹くとガタガタ揺れて、隙間風がビュービュー入ってくるようなイメージを持たれている方がいるかもしれませんが、それとはまったく違います。

木製サッシはギア、金具を用いてエアタイト(気密)をしっかりと取ります。
風がふいてもガタガタ音がせず、外気は氷点下でも室内に熱を伝えにくい構造となっています。

そのため、真冬に気温が氷点下にもなるヨーロッパ等の諸外国では木製サッシを主流に取り扱っています。

つまり、それほど木製サッシは断熱性に非常に優れているのです。

木そのものの熱伝導率はアルミの約1/1800と極めて低く結露しにくい部材です。

現在、日本でのアルミサッシのシェアは約90%もあり、先進国と呼ばれる国の中ではダントツの世界1位です。

 

反対に諸外国のアルミサッシのシェアは15%~30%のウェイトしかありません。

 

軒の出が大きく雨風が当たらないような構造が理想的ですが、そうではない場合にはやはりメインテナンスとして2~3年ごとに塗装が必要になるようです。

 

(参考:マドックスHP)

 

 

 

木製サッシを作っている会社

では、木製サッシを作っている代表的な会社を紹介していきますね。

それぞれの会社の窓の最高の熱貫流率も一緒に書いていますので参考にしてみてくださいね。

数字が小さいほど、優秀です。

 

 

GADELIUS

GADELIUSの窓の最高熱貫流率 0.8W/m2・K

30b1 2.tif

1890年にスウェーデンで創業した会社です。

住宅分野の他にも医療分野や工業分野など幅広い分野で活躍している会社です。

高い気密性と断熱性を誇るスウェーデンのエリートフェンスター社製の木製三層ガラス窓を販売しています。

03_04

70度回転式窓には、子供の転落を防止するチャイルドロック機能が付いています。これを解除しないと、窓を180度回転させることはできません。

 

(参考:GADELIUS HP)

MARVIN

MARVINの窓の最高熱貫流率 1.0W/m2・K

product_rich

 

スタンダードサイズだけでも数千種にのぼる窓とドアがあり、これらを組み合わせることでデザインの可能性は無限に広がります。

marvin_archtop_french_doors_4

例えばこれは、マーヴィンのアルティメット・スイング・アーチトップ・フレンチドアです。

優美なカーブで上品さを高め、マーヴィン商品として求められう強さと耐久性を兼ね備えています。インスイング(内開き)とアウトスイング(外開き)があります。

 

marvin_ultimate_lift_and_slide_doors_1_2

こんな窓もあります。パネルを持ち上げて(リフト)引く(スライド)ドア。最大14m幅まで製作可能です。

たくさんの種類があって、どれもオシャレですね。

 

(参考:MARVIN HP)

 

キマド株式会社

キマドの窓の最高熱貫流率 0.51W/m2・K

topimage_03

富山県に本社がある会社です。

色々と魅力的な商品を扱われています。

 

smarteco_02

スマートエコウィンドウはなんと、ペアガラスにて木枠をカバーする構造になっています。

木枠が外部の天候に剥き出しにならず、木枠の劣化が殆ど起きない為、従来の木製窓では必要な定期塗装(維持管理)が全く不要となりました。

また木枠がガラスを透して見え、今までになく美しい木製サッシです。

 

(参考:キマド株式会社

 

 

 

アイルランドプロファイル

アイランドプロファイルの窓の最高熱貫流率 2.33W/m2・K

3115-1-20150903145009_b55e7df919e78d

東京に本社がある会社です。

北欧・デンマーク「PROFIL VINDUET」社との技術提携からスタートし、さらに、独自の技術と徹底した品質管理で、高精度の木製サッシを作り続けています。

プロファイルウインドーは、高断熱(Low-E)複層ガラスが標準です。

さらに木製サッシの先進地域であるドイツ・デンマークの高性能な金物を使用することにより、高い気密性を達成しています。

 

(参考:アイルランドプロファイルHP)

 

川上製作所

川上製作所ンの窓の最高熱貫流率 不明

 

main_company

新潟にある会社です。

輸入サッシは勿論、国内サッシメーカーでも「意匠(デザイン)制約」があり、希望するデザインを引き受けてもらえない、そんな場合も大丈夫です。
この会社は近代設備の整わないおよそ100年前から手づくりで種々の建具製品をプロデュースし、その技術を継承しています。

そのため、希望の木製サッシを作ってもらうことができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

木製サッシを調べていて思ったのが、樹脂サッシに比べて作っている会社が多いな~ということです。

色々と特色があるので、見ていて楽しいですね。

しかも、やっぱり本物の木は綺麗です。

メインテナンスも好きなものであれば楽しんでやれるのではないでしょうか。

以上、ゆちえるでした。

The following two tabs change content below.
yutieru

yutieru

ただいま新築検討中の主婦、ゆちえるです。 主婦目線からの家を建てるのに必要な知識を皆様にお届けします。キャラクターは息子達が大好きな兎です。
    スタンプ      
スタンプ

サイト監修者紹介

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

人気のハウスメーカーを徹底比較