amazon1位『家づくりの教科書』を期間限定プレゼント!

TOTO 延長保証制度の特徴 ~延長保証比較②~


今回の延長保証比較は住宅設備の大手メーカー“TOTO”です。“TOTO”は言わずと知れたトイレ、洗面設備などの衛生陶器で約6割のシェアがある日本で第1位の企業です。前身の東洋陶器株式会社が1917年創業ですから、はや100年になります。歴史がありますね。

 

1969年からはトイレや洗面所、ユニットバスに専念するようになり、1980年ついに「おしりだって、洗ってほしい」というキャッチコピーでシャワー式トイレ「ウォシュレット」を発売し、大ヒットしました。

 

それでは“TOTO”の延長保証制度を見てみましょう!

 

 

魅力的な10年保証

“TOTO”も“LIXIL”に合わせて2017年8月、10年保証を導入しました。

 

 

対象商品と保証料金

対象商品 10年保証 5年保証 プラス5年保証
トイレ ウォシュレット一体型便器 18,000円 2,800円 15,200円
ウォシュレット 14,000円 2,500円 11,500円
システムトイレレストパル 21,000円 4,000円 17,000円
キッチン 28,000円 8,500円 19,500円
バスルーム 21,000円 6,600円 14,400円
洗面所 13,000円 3,800円 9200円

 

保証料金を見ていただけると一目瞭然ですが、最初の5年の料金は格安です。これは“LIXIL”も同じで、5年以降に故障が増えるのが実状のようです。

 

設備導入の際は金銭的に余裕がないことも多いかと思います。保証料の低い5年保証を選択しておいて、5年終了前にプラス5年を選択できるところがTOTOの最大の特徴で、“LIXIL”にない制度です。

 

5年後に“プラス5年保証”を契約し、保証を10年に延長するのがお勧めです。最初から10年にする場合と料金が同額です。魅力的な制度ですね。

 

延長申し込みもメーカーから送られてくるので忘れる心配もありません!

 

 

加入条件や対象外となる製品

 

一般家庭での使用であることが条件です。事務所や店舗の設備は対象外です。

・取り付け日から3ヶ月以内の申し込みが必要です。

 

他社製の組み込み製品などは5年保証までのようです。

例えばシステムキッチンにパナソニック製のIHコンロや食洗機が組み込まれている場合は5年間のみです。

TOTOの一押し製品のトイレには対象外の箇所は見当たりませんでした。

 

詳しくは“TOTO”の延長保証制度をご確認ください。

 

最後に

本当に“TOTO”と“LIXIL”は設備の機能も価格もほとんど差がありません。購入後の延長保証制度においても10年が選択できますので差がありません。

トイレにどちらのメーカーを選ぶかは形状の好みによるのではないでしょうか?皆さんはどちらがお好みですか?

 

こちらが“TOTO ネオレスト” です。丸みのあるデザインが特徴です。

 

 

下の画像は “LIXIL サティス” すっきりしたデザインです。

 

ちなみに温水洗浄便座の総称としてウォシュレットやシャワートイレという言い方がありますが、ウォシュレットはTOTO、シャワートイレはLIXIL(INAX)の商標です。初めて知りました!

 

それでは今回はここまでです。次回はPanasonicの延長保証です。

The following two tabs change content below.
ayahiichan

ayahiichan

埼玉在住の★1歳、私学の女子高等学校に勤務しています。趣味は旅行!昨年から家造りに奮闘し、この秋新居に引っ越ししました。快適な住まいに満足の日々です。