高砂建設の特徴と評判~埼玉県の工務店比較⑩~

05.082018

この記事は5分で読めます

 

埼玉の工務店紹介の10回目、今回は蕨市に本社を置く高砂建設です。高砂建設は1975年創業で、地元埼玉の木材を使用し、「人と地球にやさしい家づくり」をモットーとし、業績を伸ばしてきた中堅の工務店です。私もモデルルームを見ましたが、立派な造りで、ちょっと他とは違う高級な印象を受けました。それでは高砂建設の家づくりを見ていきましょう。

 

高砂建設の概要と特徴

タイプ

  • 木造軸組、重量鉄骨、RC
  • 坪単価 平均60~70万円

概要

  • 名称;株式会社 高砂建設
  • 代表;代表取締役社長 風間 健
  • 資本金;8,000万円
  • 従業員数;60人
  • 年間施工棟数;100棟(2015年度)
  • 施工エリア;関東全域
  • 所在地;〒335-0004 埼玉県蕨市中央1丁目10番2号 0037-642-201043 (通話料無料)
  • アフター保証;6ヶ月・1年・2年の無料点検、その他随時対応

 

風間代表からのメッセージ(HPより抜粋)

1975年に創業以来、「まじめで誠実な企業活動に励み、建築を通じて広く社会に貢献し、お客様はもとより地域の皆さまから愛され頼りにされる企業を目指す。」を企業理念に置き、質の高い建物・提案・思想を追及してまいりました。

 

現在では、木造注文住宅をはじめ、大型商業施設、医療・福祉施設、共同住宅など幅広い建築を手掛けております。

特に木造注文住宅では、「人と地球にやさしい家づくり」をコンセプトに、質・技術力・施工力共に最高水準の住宅建築を追及してまいりました。

 

その結果、日本の家づくりのモデルとして「長期優良住宅・先導事業」への3年連続採択をはじめ、様々なリーディングプロジェクトに参加させていただき、名実ともに国の事業の一役を担う家づくりのトップランナー企業へと成長致しました。

 

地球温暖化・環境問題にも企業としての役割を果たすべく率先して取り組み、研究・開発を進めております。
建築を通して環境・エコを考える企業として、より一層の努力をしていきたいと考えております。

是非皆々様のパートナーとして弊社をお引き立てくださいませ。

 

会社の特徴

地場の気候風土に合った埼玉県産の「西川材」と、家自体が温度調節を行なう「ソーラーサーキット工法」、そして木造でありながら大空間を実現する「重量木骨のSE構法」にこだわり、感動の家づくりを行なっている「高砂建設」。

 

知識と経験によるプロならではの提案が生きるデザインを「技能五輪」や「彩の国総合技能展」などで受賞した職人達がつくりあげています。

 

県内4ヶ所あるモデルハウスでは、体験宿泊もでき好評を得ています。

 

たかさごの家造りのコンセプト

 

50年後、中古住宅としても資産価値が残る家

昨今の日本の住宅事情は、優れた新建材や建築部材が使われるようになり、目まぐるしく家づくりの形も変化してきました。
しかし、その代償として産業廃棄物、地球環境の破壊、アトピー、喘息等の様々な問題を引き起こしたのも事実です。

また、日本の住宅の寿命は25年~30年でほぼ建て替えが必要となり、将来の子供、孫にまで受け継いで行くだけの耐久性にも不安を抱いているのも現状です。
日本の様に高温多湿の環境では雨、風、強い日差し、湿気等が家の内外を容赦なく襲います。

 

高砂建設の家は、住宅に負荷を与える様々な天敵を知り、住まいを長持ちさせるために何が必要なのかを真剣に考え、創られた家です。
環境問題、そこに暮らす人への配慮、そして50年、100年後にも資産価値の残る住まい創りを私たちは目指し、 次の世代にも受け継がれ続ける住環境を提案し続けます。

 

ソーラーサーキットの家

「ソーラーサーキット」は、「外断熱」と「二重通気」を組み合わせた、独自に開発された技術です。

「外断熱」とは、家全体を断熱材で包むことで躯体の断熱性能を高める、冬季に適した技術。外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を外気からシャットアウトする工法です。

地熱を取り込み、家全体をあたためるので、居室だけでなくトイレやお風呂場、小屋裏や床下まで温度差のない環境を保ちます。

たとえば、家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。

一方「二重通気」は、躯体内外に設けた二重の通気層を使って上昇気流をつくることで、室内の熱や湿気を排出する、夏季に適した技術。つまり、二つを組み合わせることで、夏も冬も季節を問わずいつでも快適な住み心地を実現しています。

 

埼玉の木、「西川材」

使用する檜は、地元・埼玉で生まれ育った檜です。

 

埼玉県飯能市は江戸時代からよい材木の産地として有名でした。飯能の山から切り出された材木を筏にして入間川と高麗川から川越を通って荒川へ出て、江戸・深川にある木場まで運んでいました。

おもに江戸(東京)で使われ、江戸の西の川(荒川)から来る材木なので西川材と呼ばれるようになりました。古くは江戸の大火の復興材として、さらに関東大震災の際に木材の需要が殺到したことから、西川材の名が広く知られるようになりました。

 

西川材が生育する西川林業地の大部分は秩父古生層からなる褐色森林土で、平均気温12~14℃、平均降水量1700~2000㎜、降雪は年3~4回と比較的温暖で、地質、気候ともにスギ・ヒノキの育成に適しています。色艶がよく、木目の詰んだ優良材が育つのです。

 

江戸時代から愛されてきた、地元の気候風土で育った木材を使うことで、木材本来の持つ強さを導き出し、安全面での保証もできると私たちは確信しています。樹齢70年から80年の檜材は、ソーラーサーキット工法の環境におけば伐採後150年間は伐採時以上の強度を保つことがわかっています。
高砂建設では木が持つ本来の特徴をそのまま家づくりに活かしています。

 

強度も高い優良材

杉のヤング係数(※)で比較してみると、全国平均はE70、西川材はE80~E90と強度の高さも証明済みです。
※ヤング係数とは材料の変形しにくさのことです。この数値が大きいほどたわみにくいということになります。

 

モデルハウスの紹介

川口モデル

2世帯同居を想定し、各世帯に配慮した空間設計   埼玉県川口市芝2-26-33  048-266-5511

親世帯空間への配慮として、トイレや浴室を寝室近くにレイアウト。体への負担が極力少ない動線としています。

子世帯空間には、ミニキッチンを備えた専用のリビング(事務所スペース)を設けています。

 

やはり和室は落ち着きます。

 

体感モデルハウス 浦和モデル

素材、性能、空間設計のバランスを高いレベルで実現させた国内屈指の住空間を体感できる浦和モデルは宿泊体験ができます。 さいたま市浦和区上木崎6-37-17 048-834-6531

綺麗な外観です。

 

リビングからダイニングにかけて大きな吹き抜けが広がり、陽光をたっぷり採り入れるだけでなく、2階の家族ともさりげないふれあいが生まれるよう工夫されています。

 

 

 

アイランドスタイルのオープンなキッチンは、ご家族が一緒にお料理できて、片付けもカンタン。お友達とファミリーパーティーも気軽に楽しめる様な空間設計です。

 

落ち着いた主寝室です。ホテルのようですね。

 

建築事例

 

比企郡Sさんの家(夫婦+子供2人)本体価格帯2,000万円~2,499万円、延床面積149.05m2

四季を感じる家・・・ 家の中心的存在である中庭。そこから注ぐ日差しを受け四季を感じる家です。

 

 

住まいにおける庭の在り方も、この数年で変わり「内と外」と一体化させ外もリビングの一部として設計することが多くなってきました。外を閉じて、中を開く。中庭を囲むようにキッチン、リビング、ダイニングが配置され、中庭と部屋を仕切るのは大きな窓。「ここを眺めているだけで、季節を感じられる」とSさん。

暮らしのゆとりと、伸びやかな時間を感じさせるたたずまいは、簡素だけれど、極めて洗練されています。

こどもたちがのびのび遊べる部屋です。

口コミ

 

良い口コミ

 冬は外断熱、夏はダンパーを開き風を取り入れる二重通気のソーラーサーキット工法で、少しの冷暖房で長時間快適に過ごせると好評です。またダンパーを開くことで四季の変化を楽しめます。 

 自然に囲まれた環境で、のびのびと子育てをしたいという思いから、じっくり工務店を探しました。体感モデルハウスで、柱のない広々空間と木のぬくもりを体感して、高砂建設さんにお願いすることを決めました。大きな吹き抜けとウッドデッキには明るい光が差し込み、ウッドデッキでは子供たちも楽しく遊んでいます。妻も私も読書好きで、何百冊もの蔵書があり、これらを収納できる本棚の仕上がりにもとても満足しています。高砂建設さんにお願いしてよかったです。

 

悪い口コミ

業者に任せっ放しの施工管理なので、内装工事以降は目を光らせておかないと、いい加減な施工のオンパレードになります。現場監督、業者さんにはぞんざいな態度をとってましたね。トイレは曲がった状態で取り付けられる、壁紙や床は傷だらけなどなど。色々修繕して欲しいって言ったら、現場監督に逆ギレされそうになったりしました(怖)。

 

まとめとして

高砂建設は私がオススメする工務店の一つです。木をふんだんに使った立派な木造住宅といった感じです。坪単価は今まで見てきた工務店より多少高いと思いますが、埼玉で家を建てるなら是非一度アクセスしてみてください。宿泊体験ができます。それではまた。

商品説明および画像はすべて高砂建設HPより引用しております。

The following two tabs change content below.
ayahiichan

ayahiichan

埼玉在住の★0歳、私学の女子高等学校に勤務しています。趣味は旅行!昨年から家造りに興味を持ち、今年中の完成を目指して奮闘しています。
    スタンプ      
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較