住宅設備の延長保証を徹底比較!最強メーカーはこちら!

03.282018

この記事は3分で読めます

 

 

 

 

こんにちは!今まで7回に渡ってキッチンやバスルームなどの住宅設備の延長保証を見てきました。
今までの記事はこちらです。

 

LIXIL 長期保証サービスの特徴 ~延長保証比較①~

TOTO 延長保証制度の特徴 ~延長保証比較②~

Panasonicの長期安心修理サービスの特徴 ~延長保証比較③~

ウッドワンWOODONE キッチン延長保証サービス ~延長保証比較④~

クリナップ サポートプログラムの特徴 ~延長保証比較⑤~

トクラス サポート10の特徴 ~延長保証比較⑥~

サンワカンパニー 水まわり3年保証の特徴 ~延長保証比較⑦~

 

今回はこの延長保証比較をまとめてみました。どうぞご覧ください。

 

 

延長保証は5年か10年!

 

有料の延長保証制度は5年を設定しているメーカーが5社、10年を設定しているメーカーは3社でした。
LIXILと TOTO は5年、10年が選択できます。

 

5年延長できるメーカー

 

設備メーカー別 5年延長保証料金 (税込)

システムキッチン バスルーム 洗面化粧台 トイレ
LIXIL 9,000円 7,000円 4,000円 0円
TOTO 8,500円 6,600円 3,800円 2,800円
Panasonic 8,571円 6,667円 4,286円 3,333円
ウッドワン 9,000円
クリナップ スタートアップ費用12,343円 + 年会費3,085円(計27,768円)

 

 

 

※ウッドワンはシステムキッチンのみ、延長保証制度が設定されています。

※クリナップはすべての設備が年会費で対応できます。

 

10年延長できるメーカー

設備メーカー別 10年延長保証料金 (税込)

システムキッチン バスルーム 洗面化粧台 トイレ
LIXIL 22,000円 22,000円 14,000円 14,000円
TOTO 28,000円 21,000円 13,000円 18,000円
トクラス 27,000円 27,000円 16,200円

※トクラスは10年保証のみ設定されています。

 

メーカー別魅力的な特徴

LIXIL

浴室・キッチン・トイレの3点で10年保証をつけると計58,000円のところ、40,000円に割引!!

消耗部品の劣化による故障も保証の対象

 

TOTO

5年保証終了後に追加料金で10年に延長可能!

設備導入の際は金銭的に余裕がないことも多いかと思います。保証料の低い5年保証を選択しておいて、5年終了前にプラス5年を選択できるところがTOTOの最大の特徴です。

5年後の追加料金で10年に延長でき、最初から10年にする場合と料金が同額です。

 

Panasonic

パナソニックはビルトインIHクッキングヒーターやエコキュートのみ8年の延長保証制度があります。(7,143円)

 

 

まとめ

1位はやっぱりLIXIL

10年保証の浴室・キッチン・トイレ3点セットで40,000円のLIXILが最強サポートだと思います。

 

2位はTOTO

 

5年終了前にプラス5年を選択できるTOTOは消費者目線で サポート体制を構築していると思います。

これお勧めです!

 

3位はサンワカンパニー

 

 

延長料金なし、手続き不要ですべて3年保証 業界初の制度です。ほかのどのメーカーも3年は保証してくれないので魅力です。

ただ3年で故障する率は少ないかも・・・

 

最後に

 

延長料金の表を見てわかるように、最初の5年の保証料は格安です。その後の5年の保証料金が高いのを見ると、故障は、5年を過ぎてからの発生が多いのですね。

出来たら10年の保証をつけたいところです。

10年保証もここ数年で設定された制度です。これから他のメーカーも追随してくると思われます。

如何でしたでしょうか?住宅設備を決めるときはいろいろ迷いますよね。延長保証も採用決定の一助になるかもしれません。

The following two tabs change content below.
ayahiichan

ayahiichan

埼玉在住の★0歳、私学の女子高等学校に勤務しています。趣味は旅行!昨年から家造りに興味を持ち、今年中の完成を目指して奮闘しています。
    スタンプ      
スタンプ
スタンプ
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較