小川工務店の特徴と評判~千葉県の工務店比較⑪~

03.112018

この記事は5分で読めます

 

千葉県の工務店比較、シリーズ最終回第11弾は柏市に本社のある小川工務店です。
このシリーズの順番はランキングではありませんので誤解しないでくださいね。

 

 

 

 

 

小川工務店の概要と特徴

タイプ

・木造軸組
・坪単価 55万円~

概要

会社名:株式会社 小川工務店
本社所在地:千葉県柏市新逆井2-9-17
設立: 1974年12月23日
資本金: 1000万円
年間施工棟数:-棟
従業員数:21名(二級建築士2名、一級建築大工技能士 4名)
事業内容:注文住宅の設計・施工、リフォーム
施工エリア:千葉県柏市、我孫子市、松戸市など柏市周辺
アフターメンテナンス: 住宅性能瑕疵保証制度10年保証登録店、リフォーム瑕疵保険登録店

 

 

小川工務店社長の人柄(HPの代表者の挨拶から)

「わたしの歴史、そしてわたしの使命」という一文で思いを語られています。ちょっと長い引用ですが、家作りの姿勢が分かりますのでお付き合いください。

株式会社 小川工務店
代表取締役 小川勝利様

■実体験から派生した使命

 

わたしは北海道の旭川生まれです。旭川はマイナス41.0度と言う日本の最低気温の記録を持っています。その上、夏の暑さも32~33度もあり、一年を通じた気温の差が激しい地域です。大学入学の時から関東に移り住んできたわたしは、関東の夏の湿度の高さに閉口しました。極寒の地である北海道の暮らしと、高湿度の関東の暮らしを経験したわたしはが、断熱・機密性能には人一倍熱心を持ったことは、至極自然な流れだったと思います。(中略)2016年からは、産学連携事業として東京芸術大学美術学部建築学科非常勤講師「丸谷博男氏」とコラボレーションした「そらどまの家」の提供を開始しています。

 

■自分の原点から派生した使命

わたしは大工の減少という課題に取り組んでいます。大工が原点のわたしにとって、これは重要な使命です。取り組みの一つは、大工を一人親方という不安定な雇用形態ではなく、社員として雇用しています(小川の大工は全て正社員です)。若手社員を大工見習いとして雇用し、次世代の大工を育成しています。(後略)

 

■ハピネスを創造する工務店へ

わたしの祖父は、明治中頃に愛知県から第一期屯田兵として旭川に入植し、人力で原生林を開拓していったそうです。(中略)苦難のレベルは、屯田兵には遠く及びませんが、この地域で暮らしている社員と、この地域で仕事をしている協力業者とともに、この地域に住んでいるお客様のために「小川は存在している」と断言できるように、この地域に暮らす一人でも多くの方を幸せへと導くために、ハピネスを創造する工務店へ「不易流行」で邁進します。

 

長い引用ですが、そこに住まう「人の笑顔」をつくること。を目的に考える社長。惹かれますね。

 

 

 

 

小川工務店の特徴

上手に要約してくれていますので一部調整しながら掲載させていただきます。

強み

小川の強み・特色・成長のためキーワード

大工は全て社員+大工育成に注力している
(大工の技術力には自信あり)木を使った家づくりが得意である
(木を使ったデザイン性を重視)楽しそうというイメージがある
(明るい社風)スタッフが比較的若い
(平均年齢28歳)工種別説明会を開催して現場を進行
(最後は人柄+職人の手)産学連携を推進している
(新たな技術にチャレンジ)体感できるモデルハウスを所有している
(そらどまの家、番匠の家)独自の生涯点検制度を構築している
(独自のメンテナンス制度を所有)

 

基本方針

変わらぬ本質×新しい変化を取り入れる
本質的なものとは、誠実な人間性と大工の技術をもとに、家づくりの思いを共有し、一人でも多く方を幸せへ導くことです。
その上で、
・先入観にとらわれないこと
・付加価値を創造すること
・お客様目線にたって思考すること
・古き良き技術と新技術を融合させること
・チーム力を発揮すること
は、時代に応じた変化を図ります。

小川工務店は「不易流行」を基本方針とし、変わらぬ本質を磨き上げ、変わるべき変化を社員全員で共有し、「家づくり」と「家守り」に邁進します。

 

人を幸せに導くデザイン

 

建てる時より、建てた後のお付合いの方が長くなるのです。
本当に信頼のおける 「人(会社)」でなければ、頼まれるわけがありません。
ご家族の未来・人生に大きく影響する仕事ですので、真剣勝負で取り組んでおります。

という事です。

 

小川工務店の基本仕様

基本仕様について自然素材、構造、省エネ・断熱・換気の3点を見て行きます。

 

自然素材


木と塗り壁と畳と、自然素材で健康な住宅を志向しているようです。この写真が小川工務店の目指すところを現していますね。

 

構造(耐震・長期優良住宅)

木造技術は小川工務店の根幹です。しっかりした仕事が期待できます。

高い耐久性の木造ラーメン構造

木造ラーメン構造の採用により間仕切り壁の少ないたてものや広い開口部が可能です。

 

 

 

スケルトンインフィルを実現する木構造

柱と梁を豪接合にすることで間仕切り壁を構造として用いないようにできます。

将来間仕切りを変更するような大きな変更が可能です。

 

 

耐震等級

耐震等級3を基本仕様としているそうです。

 

長期優良住宅に関してはオプションのようです。

 

省エネ・断熱・換気

断熱性能に関しての数値的な仕様はありませんが、熱の出入りを意識した対応をしていますね。

 

 

 

一番の弱点の開口部を標準仕様で樹脂サッシのトリプルガラスにしているようです。

外壁は4層構造だそうです

屋根は5層構造だそうです

 

 

小川工務店の商品説明

そらどまの家(ハイグレードエコハウス)

古き日本の家造りに学び、 太陽の恵み「そら」の熱と、地球の恵み「どま」の熱を、季節に応じてコントロールすることで、 夏涼しくて、冬暖かい、住む人にとってもやさしい家になりました。 自然素材を使い、地元の木材を使い、優しく仕上げ、柔らかく仕上げ、 家全体が呼吸することができる、いま考えることができる最も健康的な家です。

という事です。

 

気持ちよさそうですね。

 

そらどまの家のシステム

 

「産学連携」エコハウスプロジェクト

 

東京芸大の吉村順三先生に源を発して、奥村先生が「OMソーラー」という形に作り上げてきた、自然共生型の住宅の考え方ですね。太陽と空気を有効に使った心地よい住まいです。下は東京芸大の丸谷先生のコメントです。

 

 

 

「そらどまの家」は、「高気密・高断熱」の先へ行く住まいです。これは、わたしたちの祖先が自然の恵みを取り入れて暮らしてきた知恵と、未来を担うテクノロジーを融合させたシステムです。
建物の外皮となる壁は、断熱のための気密性は確保した上で、冬は室内の湿気が壁の中に入らないように遮断し、夏は室内の湿気を外に逃し、壁の中にカビを作らない「呼吸する家」を実現しています。
冬は屋根の熱を集熱して床下に蓄熱し、夏の夜は屋根で放射冷却された熱を床下に蓄熱します。これらの熱は、外気を熱交換して取り込み循環させて利用します。小川工務店と共作した「そらどまの家」にはこれらの技術が随所に存在しています。

 

 

番匠とつくる家(スタンダードエコハウス)

大工工務店であるOgawaの総意で企画した「新生涯住宅」です。その昔、人生は60年でした。今は人生100年の時代。人生100年の時代は、家も100年長持ちしなければいません。子育て時は、子どもの健康を。子育てを終えたら、自らの健康を。家族や子どもに負担をかけないように、健康寿命を延ばさなければいけません。番匠とつくる家は、人生100年の時代に向けた、番匠(大工)とつくるエコハウスです。

 

我孫子市には宿泊できるモデルハウスもあるようです。体験できるのは嬉しいですね。

 

 

小川工務店の口コミ

 

小川工務店に関しての口コミはありませんでしたので、サイトのお客様の声から

 

良い口コミ

 

 この家はもともとは小川工務店さんのモデルハウスだったんです。 他にも色々な家を見に行ったけど、どうしてもここが良かった。この家に住みたかったです。売り物ではなかったので、何度も何度もお願いて譲ってもらいました(笑)。
ちょうど良い広さで、子供がぐるぐる回れる動線がとても好き。雨の日でも子供たちが集まってきて、運動会のように家の中をぐるぐる走り回っています。ママ友たちは、「どこにいても子供の声が聞こえるかから安心感があるね」って言ってくれます。 一つの空間に家族で暮らしているっていう一体感があるからすごく幸せになりそうな気がしています。この家は笑顔が出る家、みんなが喜んでくれる家です。
住み心地もすごく良くて、梅雨の湿気は感じないし、冬もすごく暖かくて、窓も多くて風通しも良い、素晴らしい家です。
この家に住めたことがとても幸せです。小川工務店さん、ありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします。  

悪い口コミ

 

ありませんでした。

 

まとめ

 

千葉県の工務店比較シリーズ。最終回の小川工務店でした。このシリーズは各県10件を基準にしていますが、船渡所長の「この工務店は是非紹介したい」という判断で11件目に小川工務店さんを入れました。
記事を書いてその意図が良く理解できました。検索上位に挙がって来ない工務店さんでも高い志に支えられて高品質の住宅を提供し続けている工務店さんがあります。今回、小川工務店をご紹介できて良かったと思います。この全国の工務店比較シリーズではこのような工務店さんを積極的にご紹介して行きたいと思います。
この記事があなたの家作りのお役に立てることを願っていま読んでいただいてす。

The following two tabs change content below.
サクドン

サクドン

何でも知りたがりの好奇心旺盛オヤジ。 役に立たないことでも気になることは調べておきたい性格です。 東京を離れて太平洋のさわやかな空気が心地よい千葉で田舎暮らしをしています。 ナニワ生まれの相方と畑でとれた野菜とスーパーの見切り品を使った 手作り料理で心身ともに満足の日々を送っています。 私の好奇心が皆様のお役に立てたらうれしいです。一級建築士、介護福祉士
    スタンプ      
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較