ロータリーハウスの特徴と評判~香川の工務店比較④

03.142018

この記事は4分で読めます

 

 

 


香川県の人口密度は、全国47都道府県で、11位です。

日本一狭いこともありますが、平野が多く、住みやすい県だから、人口密度が高いそうです。

そんな住みやすい香川県第4弾、中小工務店には珍しく、多くの9人もの建築士が在籍する「ロータリーハウス」をご紹介します。

 

 

ロータリーハウスの特徴

タイプ

・木造軸組
・坪単価:45万円~

 

概要

名称 株式会社ロータリーハウス
代表者 増元 竜彦
所在地 香川県高松市多肥下町1593番地9
設立 昭和47年1月12日
従業員数 30名

 

 

社長の人柄

「いい家とは?」という問いは建築士にとっては永遠のテーマです。
住む人の好みや暮らしやすさ、耐久性、将来設計…。
考えなくてはいけないことはたくさんありますが、一人でできることには限界があります。
ロータリーハウスには9人の建築士が在籍しています。
プロが集まってお客様の家づくりを考える時間はとても有意義で、全体としてバランスのいい家になります。
そして、お引渡ししてからが本当のスタート。
「暮らしやすい」「快適です」というお客様の言葉は建築士にとって最高の醍醐味であり、愛着ある住まいでお客様の暮らしがより豊かになれば、これほど嬉しいことはありません。

→工務店の建築士のイメージって、社長など少しの人が建築士免許を持っていて、多くて、2、3人いる程度だったんですが、
9人もいるってすごいですね。建築士比率の高い工務店だと思いました。

 

会社の特徴

ロータリーハウスには、オタク5人衆(建築士、お金のオタク、木のオタク、水廻りのオタク、電気のオタク)がいます。

建築士・お金のオタク・木のオタク・水廻りのオタク・電気のオタクがそれぞれの思いと知識を出し合って出来上がった図面を作っていきます(間取りへのこだわりは後述)。
次に図面をカタチにしていくのは、ロータリーが誇る自社大工です。お客様のご要望を現場監督にしっかりと伝え、本格的な家作りがスタートします。大工工事はもちろん、クロス工事や美装など、多くの職人さんによって完成する家は、たくさんの責任感から生み出された、信頼できる「我が家」となります。
また、着工前や施工中、完成時には第三者機関がお家の検査をします。きちんと鉄筋が配置されているか、申請時の設計図と相違はないかなどを入念にチェック。第三者機関のチェックにより、より安心の住まいを実感できます。何か1つだけ優れているだけではダメ。デザイン・耐震・長持ちする家・エコな家・メンテナンスのしやすい家。そして、提案力や信頼関係。どれも家を作る上で欠かせません。
ロータリーハウスは、どれか一つが秀でているというよりは、どれもバランスよくしかも、下請けでなく、自社で抱えている職人で作っているということが伺えます。

下請けに丸投げでなく、自社で責任を持って、しっかりやっていくという姿勢に好感が持てますね。

 

 

間取りへのこだわり

ロータリーハウスには、9名の建築士が在籍。
図面だけの打ち合わせで終わるのではなく、じっくりと時間をかけ、パソコンの中で建築士と一緒に家作りをしていきます。
実際の土地に対して、どのように配置されるか、どのように車が置けるか、どのように庭スペースがとれるかを、パソコンの中で3Dパースにしていきます。まるで自分で歩いているかのように、家の中に入り、窓の高さ・室内の色・間取りのイメージなどを打ち合わせしていきます。
図面だけの打ち合わせにありがちな、建ててからの「あれがしたかった、これをしたかった・・」を、少しでも減らせられるように、少しでも満足して頂けるように・・・ロータリーハウスは、楽しい家作りを目指しています。→9名の建築士が在籍して、こだわりの間取りを作成してくれるというのは、非常に心強いです。私が家を建てたときは、平面図のみでしたので、間取り図と立面図とにらめっこしながら、想像したものです。パソコンの3Dパースで見せてもらえたら、思っていたのと違っていた!ということも少なくなりそうですね。

 

実際の3Dパースを例を見たい方は、下記動画をご覧ください。

 

 

施工事例


ホワイトを基調とし、レンガ調のサイディングや妻飾りがアクセントのヨーロピアン調の外観。

 


LDKにリビング階段とスキップフロアを設け、2階ホールにかけての大きな吹き抜けが広々とした開放感を演出。

 


濃い色彩感覚が素敵な外観です。

 


LDKはハックベリーの無垢を使用した表情豊かな床が特徴。
折り上げ天井に化粧梁を施す事により家族みんなが自然と集まりたくなる、広々とした心地の良い空間なっています。

 


2階のホールには大きな本棚があり、読書の時間をゆったりと楽しめるスペースがあります。
読書好きにはたまりませんね。

 

大きな敷地に広々と建てた家

 

中のLDKは3枚引き込み戸を開けると1階の洋室と繋がり、26.6帖の広々とした空間へ早替わり。

 

 

口コミ(リフォーム時)

良い口コミ

知人の紹介でロータリーハウスさんへ訪れましたが、
丁度探していたエリアで分譲地の予定があると聞き迷わず決めました。
場所も良かったのですが、分からないことばかりで不安だった私達に
いろいろ丁寧に教えてもらい、頼りがいのある営業の方に出会えたことが本当によかったと思います。
設計の時には、希望をたくさん伝えたうえでいろいろなアドバイスを頂きながら、
打ち合わせは毎回楽しく、時間が過ぎるのはあっという間でした。
たくさんの打ち合わせを重ねて、大満足のマイホームが完成しました。 

 

 

まとめ

中規模工務店としては、珍しく、建築士が9人もいるそうです。その多くの建築士とパソコンの3Dパースを
用いながら、満足できる間取りを作れることが、このロータリーハウスのメリットではないでしょうか。
自社大工で施工するそうなので、下請けによって品質にばらつきがあると言うことも少なそうです。
間取りにこだわりがある人は、一度、ロータリーハウスに相談してみてはいかがでしょうか。

 

『全国300工務店を徹底比較!』を連載中!

2020年断熱基準をクリアした全国の優良工務店300社を、こちらの記事から検索できます。

ぜひ、読んでみてくださいね。

 

【2018年最新版】2020年省エネ・断熱基準対応!全国300工務店徹底比較!

 

The following two tabs change content below.
カメゴロウ

カメゴロウ

注文住宅を建てたことから、家づくりに興味を持った4○代。 家を建てることで、パートナー選びは非常に大事だと痛感。 建てた自宅で、1妻、1男、1水亀、1リクガメと暮らしています。 最近の悩みは、リクガメがどんどん大きくなるので、今後リクガメの家をどうしていくかが悩みどころ。
    スタンプ      
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較