株式会社丸三ホクシン建設の特徴と評判~北海道の工務店比較⑨~

12.172017

この記事は4分で読めます

 

 

 

丸三ホクシン建設

 

北海道の工務店比較、シリーズ第9弾は石狩市に本社のある株式会社丸三ホクシン建設です。このシリーズの順番はランキングではありませんので誤解しないでくださいね。

 

 

 

株式会社丸三ホクシン建設の概要と特徴

タイプ

 

・木造在来工法、2x4、鉄骨、RC造
・坪単価

 

概要

 

会社名:株式会社丸三ホクシン建設
本社所在地:北海道石狩市花川南4条2丁目101番地
設立:昭和49年
資本金:1,000万円
年間施工棟数:過去3年間では合計新築約22棟
従業員数:社長1名・大工7名(棟梁2名・帳場1名)
施工エリア:札幌市内・石狩市・小樽市・北広島市・恵庭市・千歳市、その他札幌圏
アフターメンテナンス:引渡し後1年・2年点検
業務内容:般住宅新築、リフォーム他 設計施工

 

株式会社丸三ホクシン建設社長の人柄(HPの代表者の挨拶から)

代表取締役 首藤 一弘 様

「手づくりの家をお客様に」をモットーに、大工をはじめとする職人さんとお客様、設計企画スタッフが、力を合わせて一軒の家を作っていくことが我が社の基本姿勢です。お客様の夢をよく伺い、職人として誇りある仕事、良い家づくりを続けています。建築家との家づくりや、省エネ・光熱費ゼロ住宅へのチャレンジ、木造在来工法を主体にツーバイフォー工法や鉄骨、RC造なども手掛けています。

という事です。お子さんをだっこした温かい笑顔の写真がやさしい人柄を偲ばせます。

 

 

株式会社丸三ホクシン建設の特徴

 

丸三ホクシン建設のサイトのフッターに、昭和49年創業、石狩市の工務店「株式会社丸三ホクシン建設」は、社長を含め、14人の大工を擁する技能者集団です。「手づくりの家をお客様に」をモットーに、大工をはじめとする職人さんとお客様、設計企画スタッフが、力を合わせて一軒の家を作っていくことが我が社の基本姿勢です。

とあります。これまで見てきた会社では住宅を商品やファッションの様に扱ったりというところもありますがこの会社は昔ながらの「注文を受けて建てる」考え方のようです。

 

自然素地を生かす

丸三ホクシン建設木

「まず、丸三ホクシン建設は、住宅の断熱を高性能断熱材を外張りですっぽりと包み込む、SHS工法で施工しています。そのため、断熱・気密性能、耐久性能などの高さはもちろんですが、室内側に構造材の木材が現わになります。室内の壁、天井など多くの場所に木の風合い、質感、そして大工さんの技の成果を見ることができるのも魅力の一つです。」

はじめは読み飛ばしたさりげない一文です。この会社の内容を読み進めるとSHS工法、断熱・気密性能、耐久性能、構造材の木材の現し、大工さんの技、、、それぞれの言葉が軽いセールストークではないことに気が付きます。

 

造作・手作りの技

丸三ホクシン建設造作

家具職人によるオーダーキッチン、大工工事のスケルトン階段、建具職人のオーダー建具、大工工事の作り付け家具どれもかつては当たり前だったものです。一般の住宅が工業製品を組み合わせることでしか経済的に成り立たたないのが現実です。このような仕事を大切にしてくれる工務店さんが有ることは昔の設計を知るものとして嬉しく思います。

 

自慢の大工

丸三ホクシン建設大工

会社のサイトの大きな1項目に顔写真入りで紹介される大工さん。その顔には自信と喜びがにじみ出ています。「組立工」と呼ばれる職業とは違う誇りと責任感が感じられます。

丸三ホクシン建設大工を育てる

大工を育てるのも仕事のうちととらえる考え方で大工の教育にも力を入れているようです。

 

 

 

 

 

断熱気密性

 

SHS工法

SHS工法2

SHS工法とは板状のスタイロフォームを基礎、外壁、屋根の構造材の外側に施工する外断熱工法です。3つのポイントがあります。

1、基礎断熱で水道管凍結の心配なし

SHS工法

 

2、屋根断熱で開放的で自由な家に

SHS工法4

 

 

3、現場のミスが少ない外張断熱工法

SHS工法3

 

北海道の厳しい気候の中で試行錯誤を繰り返しながら育ってきた工法のようです。

 

全棟気密測定

丸三ホクシン建設気密

全棟気密測定を行っています。当初は性能をチェックして気密性能が不十分なら直すなど、問題を解決するために気密測定を行ってきました。しかし、今では技術水準が高いため相当隙間面積(C値)は0.5を超えることはありえない状況です。それでも気密測定を続けているのは、一つひとつの現場で大工の施工力を油断せず確認すること。そして断熱や気密、雨水の浸入対策など、壁の中に隠れていて、建物完成後には見えない部分の施工精度こそが重要であることを、常に会社全体で意識するために行っています。

記事をそのまま紹介させていただきました。記事を書く時にはサイトの数値を記入することになりますが。会社によっては大丈夫なのかな?と心配になることも有ります。今回は施工技術を油断しないで確認するために全棟検査するということで安心してご紹介できます。

 

ゼロエネ住宅

丸三ホクシン建設ゼロエネ

このゼロエネ住宅は平成20年7月に完成しました。社長自らが住んで売買電などの状況をレポートしています。鳴り物入りでZEHという流行りの言葉を振り回すのではなくコツコツと実績を積み重ねているようです。

丸三ホクシン建設ゼロエネブログ

 

 

株式会社丸三ホクシン建設の商品説明

 

全てが一品生産のため商品という形での紹介はありません。また標準仕様もないようですが、ゼロエネハウスなども作ってるようです。モデルハウスをご覧になることをお勧めいたします。

 

株式会社丸三ホクシン建設に関する口コミ

 

良い口コミ

 

  振り返ると全てがとんとん拍子で、ストレスらしいストレスはなにもありませんでした。思いが伝わらないなんてことが無いどころか、毎回考えていたこと以上の答えを出してくれましたし、とにかく誠実の一言に尽きます、この会社は!先日金消契約に自宅に来て下さった銀行員さんにさえ、「仕事柄沢山の業者さんを見てきていますけど、土地が中嶋測量のSさん、建物がホクシン建設さんってだけで、本当に幸せな家作りでしたね。」と言われるくらいなんです。  

 

悪い口コミ

 

 窓を大きくしたいと言っても熱が云々といって大きくしてくれなかった。玄関を広くしてといっても、もってくるプランは玄関が狭いまま。ランドリールームを必ず作ってといっても、まったく作らない。というか、それら要望は私のわがままという態度をとる。リビングを広くしてといっても、手を伸ばせば物をとれるくらいの広さがいいんだと言ってまったく広くしてくれない。自分の家を建てるはずがなぜか社長が建てる家になっている。私の希望は反映されませんでした。契約者は私ではなく主人です。主人はこの家に満足しています。   

 

まとめ

 

「丸三ホクシン建設評判」と検索して表示されるサイトに、住宅を建てた施主のブログが多くそれも感謝や喜びの言葉が多いことに驚きました。そしてサイトの中には強調されていないゼロエネ住宅の記事がSHS断熱の北海道SHS会のサイトに有ったりします。ライターとしては全部サイト内に入れていただいた方が楽なのですが、、、「当たり前のことをしているのだからそんなことを自慢するのは極まりが悪い」と江戸の落語に出てくる気風の良い大工の心意気を感じるようで嬉しくなりました。ライティングをしていてサイトの記事に誠実さを感じて、わが身が引き締まる思いをさせられるとは思いませんでした。
この記事が、工務店検討中のあなたのお役にたてることを願っています。

The following two tabs change content below.
サクドン

サクドン

何でも知りたがりの好奇心旺盛オヤジ。 役に立たないことでも気になることは調べておきたい性格です。 東京を離れて太平洋のさわやかな空気が心地よい千葉で田舎暮らしをしています。 ナニワ生まれの相方と畑でとれた野菜とスーパーの見切り品を使った 手作り料理で心身ともに満足の日々を送っています。 私の好奇心が皆様のお役に立てたらうれしいです。一級建築士、介護福祉士
    スタンプ      
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較