トクラスのシステムキッチン ベリーの価格と魅力を紹介!〜メーカー比較㉔〜

07.052016

この記事は3分で読めます

 

 

 


こんにちは、ゆちえるです。

今日はトクラスのシステムキッチン ベリーについて紹介していきますね。

 

 

 

 

ベリーの仕様と価格

 

ベリーは「ワークトップで暮らしは変わる」をコンセプトにしているキッチンです。

使いやすさや居心地のよさに こだわり、品質の高さと、多彩なバリエーションがあります。

 

 

価格はトクラスのキッチンの中でもスタンダードものとなっています。

実際の価格は建築会社によって値引きが異なるでしょうからはっきりとは言えませんが、だいたい定価で105~200万円くらいになることが多いようです

 

fea_photo59

 

また、扉は多彩なバリエーションを歌っているだけあって圧巻です。

ニュアンスを表現できる鏡面塗装扉 114色や、その他にも天然木の塗装扉など多彩な扉カラーを楽しめます。

たくさんありすぎて困ってしまうかと思いますが、ホームページでカラーシュミレーションが試せます。

 

fea_photo32

 

もちろんシンクも全8色から選ぶことができ、こちらも一緒にカラーシュミレーションすることができます。

 

 

 

 

 

 

ベリーの特長

主な特長を簡単に説明しますね。

 

・デュアルワークスペースとワイドワークスペース

 

img02

新発想「デュアルワークスペース」は、調理スペースが2つあるので、2人での作業もスムーズ。

 

並んでキッチンを使用する際起こりがちな、“動線がぶつかって作業しづらい”、“カウンターが狭く並行作業ができない”といった問題点を解決。

 

調理作業と洗い物の同時進行もスムーズです。

img06

 

キッチンキャビネット内にゴミ箱が収まるのですっきり。

調理中でも並行してゴミ捨てをしやすいレイアウトです。

 

wide_section3_img1

 

もちろん、「ワイドワークスペース」で調理スペースを大きくとることもできます。

 

また、状況に応じて、シンクの位置やコンロの位置を調整することも可能です。

 

 

 

 

 

・すっきりで使いやすい

 

fea_photo10

 

高さを活かして、いつもすっきりスマートに過ごすことができるハイバックカウンターを選ぶことができます。

fea_photo12 fea_photo13

「マルチスタンド」で、鍋蓋を置いたり、「マルチ水切りラック」でふきん掛け、小物の水切りなどをすることもできます。

 

 

・パッと見つかる、スッと取り出せる

 fea_photo63

 

ベースキャビネット収納の基本は、よく使う調理アイテムほど、より上に、より手前に。

 

そして、ゾーンごとに使いたいアイテムが、パッと見つけられる、スッと取り出せる。

 

 これがベリーの適所収納発想です。
fea_photo52
食洗機も、調理ゾーンの収納力もあきらめない「めいっぱいワイド引出し」
fea_photo53
水まわりゾーンは、連動イン引出し
下ごしらえ用のボウルやバットが、手の届きやすい高さに。
まな板や包丁は、扉裏からサッと。
fea_photo54
調理ゾーンは、めいっぱいワイド引出し
オタマや、フライ返しまで、よく使う道具を取り出しやすい上段に。
お醤油や油も、中段にタップリ入ります。
fea_photo55
 火まわりゾーンは、連動イン引出し
フライパンも、深いお鍋も、重ねないからパッと見つかる。
だから取り出しやすく、しまいやすい。

 

 

 

トクラスのショールームは全ての県にはありませんが、比較的近い場所で見つけることができるのではないかと思います。

気になった方は是非ショールームにでかけてみてくださいね。

ゆちえるでした。

 

 

【写真はすべてトクラスHPより引用】

 

 

 

 

 

【関連記事】

トクラスのシステムキッチン Bbの価格と魅力を紹介!〜メーカー比較㉓〜

 

トクラスのシステムキッチン ドルチェ エックスの価格と魅力を紹介!〜メーカー比較㉕〜

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
yutieru

yutieru

ただいま新築検討中の主婦、ゆちえるです。 主婦目線からの家を建てるのに必要な知識を皆様にお届けします。キャラクターは息子達が大好きな兎です。
    スタンプ      
スタンプ

人気のハウスメーカーを徹底比較